癌は放射線治療で完治|恐れなくていい病気

医者

血液のガンの予防と対策

女性

定期的な検査と生活習慣

悪性リンパ腫というのは血液のガンの1種です。そのため悪性リンパ腫は体内の全身に発症する危険性があります。原因はハッキリとわかっていないのですが、最近ではウィルスや細菌ではないかと言われています。また遺伝によって引き起こされる可能性もあります。原因がはっきりしないのですが、定期的に検査をすることによって早期発見を心がけることができます。例えば胸部エックス線検査や超音波検査などを定期的に行うことで予防することができます。また普段の生活習慣が大事で、特に喫煙する人、食生活が乱れている人、運動不足の人はそのような習慣を変えることで悪性リンパ腫の発症を抑えることができます。定期的に検査をして、きちんとした生活習慣を守ることが大切です。

しこりができたらすぐ検査

色々なガンがありますが、重要なのは初期症状を見つけることです。早めに治療を受ければほとんどのガンは完治できるのです。悪性リンパ腫の初期症状の特徴は、急にしこりができます。普段は何もない箇所が急に腫れたり、しこりが大きくなった時にはすぐに病院で検査を受ける必要があります。しこりを見つけた時の注意点は、自分で揉んだり刺激したりしないようにすることです。触らないで病院で検査を受けるのが一番良い方法です。検査の方法はしこりの部分のリンパ節や細胞の一部を採取して、それを検査します。そのため悪性リンパ腫の治療を行っている病院を選ぶことが大切です。主な治療法は抗ガン剤治療と放射線治療ですが、早期治療をすれば完治するので早めに初期症状に気づくことが大事です。