癌は放射線治療で完治|恐れなくていい病気

女の人

血液のガンの予防と対策

女性

悪性リンパ腫は血液のガンです。そのため体内のあらゆる部位に発症する危険性があります。予防するには生活習慣が大事で、特に喫煙者、食生活の乱れ、運動不足は要注意です。悪性リンパ腫にも初期症状があり、しこりができるという特徴があります。そのような症状が出たら専門の病院で早く検査を受けることが大切です。

More...

聴覚障害が起こる脳腫瘍

病棟

聴神経腫瘍は聴覚に支障がでる疾患ですが、脳腫瘍の一つであるという点で特徴的です。耳鼻科と脳神経外科の両方を受診することでやっと発見されるという特徴もあります。改善しやすい聴神経腫瘍は、早期発見と過度に不安にならないように正確な知識を持つことが大切です。

More...

より健康に過ごすために

カウンセリング

癌における三大治療として、外科手術・薬物(化学)療法・放射線療法があります。どの方法も時代と共に医療技術が進歩していますが、その中でも特に放射線治療においては、その発展が著しいものといえます。放射線治療とはその名の通り、放射線を患部に照射することによって、癌の治療を行うものです。医療に用いられる放射線としては、エックス線やガンマ線、電子線などが挙げられます。近年では研究段階ではありますが、陽子線や重粒子線などが、一部において用いられ始めています。放射線治療は高い効果を期待できる一方で、どうしても多少の副作用は避けることはできません。しかし、医療技術の発達によって副作用を軽減できたり、快適に過ごす環境に身を置くことが出来たりと、患者にとっては選択肢が多く提供されています。そのため、医師としっかりコミュニケーションを図りながら慎重に意思決定を行うことが、より良い治療や日常生活を快適にするコツといえます。

放射線治療とは、どのような場合により効果を発揮するのでしょうか。放射線治療の主な目的としては、癌細胞の分裂を抑えて癌そのものを小さくさせたり、癌を小さくすることによって臓器の働きを健全に保つなどが挙げられます。さらに、神経や骨を圧迫している癌を小さくし、痛みや苦痛を和らげる効果も期待することができます。このことから放射線治療は、癌に侵されている部分が主要な臓器の場合や、神経などを圧迫していて痛みがある場合、さらには癌を小さくして外科手術を可能にする場合など、幅広く適用することになります。また、放射線治療は、癌に対して局所的に放射線を照射することも可能なので、副作用をある程度軽減するのも可能になります。今後ますます医療が発達することによって、放射線治療が国民的にもスタンダードな方法として普及すると予想されます。

今後に役立つ医療の一つ

看護師

世田谷区では在宅医療を行っているところがあります。一人暮らしの高齢者などにとって、とても役立つものです。また、今後はさらに需要が多くなることが予測できます。評判のいい担当医を見つけることがポイントです。

More...